Saturday, July 28, 2018

私が主食にお米を食べる理由 モデル、バレリーナ、女優、綺麗な人は米派です。

「ごはんは太る」はメディアの嘘
ご飯は炭水化物だから太ると勘違いしてる人が多くいます。
しかし、
ごはんは、小麦粉からできているパンや麺類と違い、
粒のままで摂取するため、ゆっくりと消化・吸収されていきます。
パンやうどんには、砂糖、塩、添加物などが含まれることが
多いですが、お米は水だけで調理できます。
高いダイエットフードやプロテインバーなどは
添加物の宝庫です。私は健康志向なのに
そういうものばかり食べている人の気持ちがわかりません。

お米を食べるメリット
①おなかがすきにくく、腹もちがよい
②体に脂肪を溜めるホルモンの分泌がゆるやかで、
それに起因する体脂肪の蓄積が抑えられる
③ゆっくり消化・吸収される「ごはん」は、
不足したブドウ糖を血液中に補い、
同時に長時間維持することのできる 
④お米には気持ちを安定させる、セロトニン
睡眠・アンチエイジングホルモン、メラトニンの材料
トリプトファンが含まれる
⑤お米を食べることで、脳に安定的にブドウ糖が
補給され、集中力が高まる
(お米は身体の司令塔である脳の働きをサポート)

こうしたことから、ごはんは太りにくく、健康によい食べ物だと言えます。
もみ殻を排除した白米は玄米に比べて栄養価が落ちる、
白米は栄養がないと誤解している人もいますが、
白米の方が残留農薬の心配がなく、消化にもよく、
ビタミン、たんぱく質、安眠にもいいトリプトファンなどが含まれています。
また、ご飯はおかずとセットで食べるためお米だけじゃ補えない栄養素は
おかずで充分に補えるし、その方が野菜ばかり、たんぱく質ばかり、肉だけより
脳にも消化にも適しているのです!!

お米・ごはんの大切な役割
お米の主成分は炭水化物です。
炭水化物は、体作りに欠かすことができない三大栄養素のひとつで、
体の中でブドウ糖に分解され、エネルギー源として利用されます。

生命を維持するための司令塔として、
大変重要な器官である脳を働かせる、
唯一のエネルギー源がこのブドウ糖です
お米はそんな重要な成分を多く含んでいる食材なのです。

しかも、お米には血や筋肉など
身体形成に必要なたんぱく質の他にも
ビタミン・ミネラルも多く含まれています。
お米はとても栄養バランスの良い食べ物なのです。

私たちが活動するために十分なエネルギーを得て、
健康的な毎日を送るためには、
お米を中心としたバランスの良い食事を取ることが大切です。

私はだいたいお米と一緒に、塩分を控えて
料理した野菜・魚・煮豆・お味噌汁などを
少しずつ頂きます(⌒∇⌒)
添加物・保存料・着色料などは脳の働きを狂わせます。
MSG・人工甘味料なども使わないように心がけましょう。
昆布やカツオだしは塩分を控えられて料理できる
大きな味方ですよ。

良い週末をお過ごしください(o^―^o)

アイモン 
https://www.instagram.com/japanesegirlaimon/?hl=en

参照 
農林水産省 http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/1211/spe1_02.html
https://ryoko-club.com/food/polished-rice-nutrition.html






My Morning Routine! 私の朝の習慣(スキンケア、朝食、メイク、ヘア、ファッション)

No comments:

Post a Comment

How to treat your insomnia. How to sleep deeply. Magnesium and Melatonin.

10 Signs Your Body Needs More Magnesium I use Melatonin to sleep deeply every day to keep my youth and brain health. Sleeping deep...